マイカーローンの借り換えは、ネットで仮審査の申し込みが出来る金融機関を利用しましょう。

マイカーローンの借り換えが人気

車を買ったときはとにかく欲しい一心で、特に金利や返済を気にせずにディーラーでローンを組んでしまった方、月々の返済が思った以上に大きな負担となってしまっている方は、実はそう少なくはありません。

すぐにでも車が欲しいからとディーラーに言われるままにローンを組んでしまい、契約書を見てみると金利が8%前後などと書かれており、これからの支払い計画を立てていく上で頭を抱えてしまう方も多いものです。

  • 高い金利のディーラーローン

ディーラーで組めるローンは信販会社との間にディーラーが入っているだけで、実態としてはクレジット会社によるローンです。クレジットカードを思い浮かべれば分かりますが、クレジット会社は金利が高いものです。

それはマイカーローンにも言えることであり、さすがに消費者金融ほどとは言いませんが、クレジット会社で組むローン金利に加え、ディーラーの取り分なども含まれるため、どうしても金利負担が大きくなってしまうのです。

低い金利のローンに借り換え

ローンの借り換えも今では多くの方に知られるようになってきており、住宅ローンだけでなくマイカーローンにも借り換えの波が来ています。最近では銀行もマイカーローンの売り出しをしており、さすが銀行と言った低金利の魅力的な商品も増えてきています。

特に最近では地銀やネット銀行のマイカーローンが金利が低いと評判であり、どちらもネットでいつでもどこでも仮審査の申し込みが出来るため、忙しい方やそもそも借り換えられるか分からない方でも、気軽に手続きが進められるようになっています。

  • 諸経費も含めて丸々マイカーローンの借り換え

借り換えをするとなると元々のローンは前倒しで支払うため、ローン会社によっては手数料を徴収する場合もあります。しかし、多くの金融機関で借りるマイカーローンの場合には、借り換えにかかる手数料や諸費用も含めての融資も可能としています。現在の手持ちがそんなに無いとしても、スムーズにマイカーローンの借り換えが出来るようになっているのも良い点なのです。

高い金利で払い続けるのは勿体無い

マイカーローンの返済期間は、長いところでは10年ほど、ディーラーで組むようなローンの場合には5年程度としているものが多いです。60回としてボーナス払いは無し、月々の返済負担が分散出来る元利金等返済とした場合には、金利が1%違うだけでも利息総額は大きく変わってきます。

350万円のローンを組んだとし、60回払いで支払いを続けるとすると、それぞれの金利による返済金額は以下のようになります。返済金額の指定や制限があると変わってきますので、一つの参考情報としてご覧下さい。

金利 返済総額 利息分 軽減される利息
8% 4,258,050円 758,050円 -
7% 4,158,256円 658,256円 99,794円
の利息減
6% 4,059,889円 559,889円 198,161円
の利息減
5% 3,962,963円 462,963円 295,087円
の利息減
4% 3,867,469円 367,469円 390,581円
の利息減
3% 3,773,428円 273,428円 484,622円
の利息減
2% 3,680,831円 180,831円 577,219円
の利息減

上記の支払い金額は元利均等返済方式による、シミュレーション結果となります。詳しい返済の内容につきましては、利用先の金融機関のウェブサイト上でご確認いただくか、直接お問い合わせ下さい。

さすがに350万円の大きな契約となると、8%での金利はいくらディーラーローンとは言ってもそう適用されるものではありませんが、5%程度であれば十分に現実的、寧ろ多くの方がディーラーで組むローンとして適用されている金利であると言えるでしょう。

◆金融機関のマイカーローンは金利が低い

  • 来店不要で完結できるタイプが狙い目

最近では大手銀行でもネットでの申し込みと郵送での契約で、来店不要で手続きが完結できるタイプのマイカーローンを用意しています。来店不要型であれば近くに店舗がなくても地域を問わずに利用ができるので、低負担のマイカーローンも検討がしやすくなります。

第01位

住信SBIネット銀行

他社からの借り換えにも使える、頼れる低金利の安心マイカーローンです。

変動金利借入金額利用期間借り換え
年1.775%~3.975%10~1,000万円1年~10年対応
申し込みから契約まで来店不要で進められる住信SBIネット銀行の「Mr.自動車ローン」なら、ディーラーで組むローンよりも低金利となる場合が多いです。車の購入は新車でも中古車でも対応をし、更には車検や修理、免許取得の費用としてもマイカーローンの利用が出来るため、幅広く便利に借りられるのも利点です。高い金利で借りてしまっているマイカーローンから、借り換えで低負担の返済も可能です。
住信SBIネット銀行マイカーローン
公式サイトで詳細を見る

残価設定ローンは性質が異なる

TVCMなどで見かける各メーカーのローンは、利率だけを見ると低い水準となっています。キャンペーン金利などで2%前後の金利としているところもありますが、注意をしておきたいのはローンの契約内容です。

ディーラーなどで組む低金利ローンは、多くは残価設定型のローンとなっています。通常のローンでは金利が高くなりますが、残価設定型の場合には低金利、低負担で提供をしているのです。

残価設定型ローンの利点と欠点

残価設定型のローンは「予め車の下取り価格分を差し引いた金額でローン契約を行う」ものとなります。一定の契約期間を設け、期間終了後に下取りに出して車を買い換えるか、その車に乗り続けるなら買い取るかを決めます。

ディーラーとしては期間終了後に車の買い換えが期待できるために金利を下げられ、利用者側としても車に乗り続けるなら残価を支払ってそのまま乗れば良いので、一見すると両者にメリットがあるように思えます。

しかし、残価設定型のローンは車の購入時に下取り価格が決められているため、下取り価格を下げてしまう「一定の走行距離を超えてしまう」「事故や傷」「車の価値を左右するカスタマイズ」などを行ってしまうと、残価の保証がされなくなります。

また、残価設定型のローンは通常のディーラーローンと同様に所有権がディーラーとなるため、契約期間中に車の譲渡や買い換えを行う際には大きな手間がかかり、面倒です。

金利だけで見れば優れた水準に感じるディーラーでの残価設定型のローンは、購入時点で所有権は自身のものとなる金融機関の低金利マイカーローンと比べて、様々な制約やデメリットが存在しているのです。

申し込みも契約も窓口まで行く必要は無く、ネットで仮審査の手続きができ、借り換えはもちろん、新車や中古車の購入であっても、車の修理や車検、運転免許の取得費用としても利用が出来るようになっています。

信頼の地銀マイカーローンで借り換え

地銀に限らず全銀行の中でも自己資本比率が高く、信頼性の高い静岡銀行が提供するマイカーローンは、変動金利ですが年2.4%、または年3.4%の低金利の商品となっています。利用対象は日本全国となっており、近くに静岡銀行の店舗がない地域の方でも来店不要で利用可能です。

静岡銀行で借りるマイカーローンは、申し込みも契約も窓口まで行く必要は無く、ネットで事前審査の手続きができ、借り換えはもちろん、新車や中古車の購入であっても利用ができるようになっています。

第00位

静岡銀行マイカーローン

最長10年の返済期間で、余裕のある支払い計画で借りられるマイカーローンです。

変動金利借入金額返済期間担保・保証人
2.4%か3.4%100万円~1,000万円最長10年不要
ゆとりのある返済が出来る低金利マイカーローンで、借り換えにも使えるため、今の金利が高いと感じている方にも適しています。申し込みはまずはネットから仮審査ができ、仮審査の結果を受け取った後でも自由にキャンセルが可能です。もちろんキャンセルには費用は一切かかりませんので、仮審査後に気が変わったといった場合でも安心の、頼れる助かる低金利のマイカーローン商品となります。
静岡銀行マイカーローン
公式サイトで詳細を見る
利便性に優れるマイカーローン

静岡銀行マイカーローンは、車を購入する際に仮審査の申し込みをするのであれば、購入する車種や金額が決まる前でも手続きが進められます。そのため、もし静岡銀行で低い金利でマイカーローンを組めるなら新車を買う、審査でダメなら今回は購入は見送るといった使い方も出来ます。

予め資金の目処を立ててから車が選べるようになれば、一つか二つ上の車も選択肢に入ってくるでしょう。購入出来る車種の幅も広がりますので、借り換えだけでなく新規でのマイカーローン契約であっても、静岡銀行は頼れるのです。

全国対応の地方銀行のマイカーローン

多くの地銀は対象とする地域が限られますが、静岡銀行のマイカーローンであれば日本全国どこからでも申し込みも契約も出来ます。ネット支店での手続きなので来店の必要もなく、Web上での仮審査の申し込みから契約と、どこにも行かずに自宅でマイカーローン契約が完結出来てしまいます。

手軽なだけでなく静岡銀行は金利も優れていると有名であり、借り換えにもマイカー購入時にも低負担で安く借りられると専らの評判です。

用途の広さも魅力の一つ

静岡銀行のマイカーローンは、車の購入だけに限らない幅広い用途も魅力の一つです。他社での高い金利で借りてしまっているローンからの借り換えに使えるのはもちろん、自動車関連であれば多くの目的で利用が出来るので、困ったときには大変助かります。

また、ディーラーではない金融機関のローンの場合には、ローンの契約中でも車の名義は購入者本人のものとなるため、何かと都合が良い点も忘れてはなりません。ディーラーローンは支払い終えるまで名義はディーラーになっている場合が多いので、車の譲渡やローンの契約中での売却の際には、手続きが面倒になりがちなのです。

  • マイカーローンは金利が重要

マイカーローンは金利が重要であり、今の金利が高いと感じているまま支払いを続けるのは損をしているだけの可能性があります。もちろん契約内容にもよるので一概には言えませんが、一度しっかりとマイカーローンを見つめなおし、金利が数パーセントも変わるようであれば、将来的に支払う利息の差も考えてマイカーローンの借り換えも検討してみましょう。

マイカーローン借り換え対応可能地域

[北海道]:北海道
[東北]:青森県/岩手県/秋田県/山形県/宮城県/福島県
[関東]:茨城県/栃木県/群馬県/埼玉県/千葉県/東京都/神奈川県/山梨県
[信越・北陸]:新潟県/長野県/富山県/石川県/福井県
[東海]:静岡県/愛知県/三重県/岐阜県/
[近畿]:滋賀県/京都府/大阪府/兵庫県/奈良県/和歌山県
[中国]:鳥取県/岡山県/島根県/広島県/山口県
[四国]:香川県/徳島県/愛媛県/高知県
[九州]:福岡県/佐賀県/大分県/熊本県/長崎県/宮崎県/鹿児島県
[沖縄]:沖縄県

マイカーローンの借り換えとして使う際には、詳しくは各金融機関のウェブサイトでご確認下さい。

トップへ戻る